「悪狐伝」とも。玉藻前の伝承と、謡曲「安達ヶ原」(能の「黒塚」とを組み合わせた演目。
 
祐慶法師(うけいほうし)と剛力は諸国行脚の途上、陸奥の国那須野ヶ原で金毛九尾の女に化けた悪狐と対峙、剛力は食われ法師は逃げ去る。
 この悪狐を、朝廷の命を受けた弓取りの三浦介・上総介が退治する。
 
祐慶と剛力のユーモアある会話や演者が客席にも乱入して戦うなど、娯楽要素も盛り込まれ人気演目となっている。

inserted by FC2 system